ボッテガベネタに付いて

ボッテガベネタと言うブランド

ボッテガベネタ(BOTTGA VENETA)は1966年にイタリアのヴィチェンツァ(Vicenza)で創立され、歴史は浅いながらイタリアを代表するブランドの一つとして広く認知されています。 ボッテーガ(工房)の名前の由来どおり、職人がなめし革をメッシュ状に編みこんだイントレチャートという独特な技法をもっています。 上質な皮革から職人が丁寧に作り上げたボッテガべネタの革製品は非常に柔らかく、時に「シルクのようだ」とも評されます。 使えば使うほどに出る高級な革の柔らかさや風合い、使用していく人にフィットしていく馴染みのよさがボッテガベネタの人気の秘密であり、特にキャリアを積んだ出来るオンナのブランドとして静かなブームでした。 そんなボッテガベネタも業界再編の流れには逆らえず、2001年にはグッチ(GUCCHI)グループに加わります。 これがきっかけとなりボッテガべネタ 現在ではパリ、ミラノ、ロンドンをはじめボッテガベネタの店舗は約20カ国に展開しています。 日本にも銀座にボッテガベネタがオープンしています。 ボッテガべネタは伝統的なバッグや靴をはじめ、キーケースや名刺入れなど様々な革製品を取り扱っています。 人気モデルのエビちゃんこと蛯原友里さんもボッテガべネタの財布を愛用しています。


ボッテガベネタとの意味は「工房ベネタ」

ボッテガベネタ(BOTTGA VENETA)は1966年にイタリアのヴィチェンツァ(Vicenza)で創立され、歴史は浅いながらイタリアを代表するブランドの一つとして広く認知されています。 ボッテーガ(工房)の名前の由来どおり、職人がなめし革をメッシュ状に編みこんだイントレチャートという独特な技法をもっています。 上質な皮革から職人が丁寧に作り上げたボッテガべネタの革製品は非常に柔らかく、時に「シルクのようだ」とも評されます。 使えば使うほどに出る高級な革の柔らかさや風合い、使用していく人にフィットしていく馴染みのよさがボッテガベネタの人気の秘密であり、特にキャリアを積んだ出来るオンナのブランドとして静かなブームでした。 そんなボッテガベネタも業界再編の流れには逆らえず、2001年にはグッチ(GUCCHI)グループに加わります。 これがきっかけとなりボッテガべネタ 現在ではパリ、ミラノ、ロンドンをはじめボッテガベネタの店舗は約20カ国に展開しています。 日本にも銀座にボッテガベネタがオープンしています。 ボッテガべネタは伝統的なバッグや靴をはじめ、キーケースや名刺入れなど様々な革製品を取り扱っています。 人気モデルのエビちゃんこと蛯原友里さんもボッテガべネタの財布を愛用しています。

ロード中...